女優の真似をしてスリムになった女性

腹巻きやハーブティーを利用して進めるダイエット

お腹の冷えが著しく、ストレスや欲求不満も増大している場合には、体を温めながら発散効果を引き出す必要があります。お腹が冷えてしまえば、体全体の免疫力が低下したり、新陳代謝が鈍くなるなどの弊害が生じます。このような体質の人がダイエットをする場合には、腹巻きを使って体を温めながら、ハーブティーを飲んで気分を発散させることがおすすめです。

腹巻きを日常的に使っていれば、食事中でも体の調子が違ってきます。さらに、外出先でも体が快調になるため、運動量を増やすことも容易になります。腹巻きは就寝中にも使うようにすれば、朝の段階になっても冷えを感じることがなく、活動的な状態で一日が始まります。

アロマの香りが特徴のお茶には、様々な精油成分が含まれ、ダイエットの食事に癒やしを与えてくれます。シトラールを含むレモンバームを使うことで、柑橘類のような香りを楽しむこともできます。性質が温性にして辛味になる紫蘇は、ハーブティーの材料としても役立ちます。紫蘇の温熱作用によって、腹中を温めて、寒さを散らすことができます。同時に気を巡らせて、ダイエット中のストレスも軽減させます。漢方では蘇葉と呼ばれ、古代の昔から愛用されてきた健康食材ですから、ダイエットで紫蘇茶を使うことは理にかなっています。

グリーンティーとも呼ばれる緑茶は、薬膳的な性質では涼性になりますが、酵素を含む発酵茶は逆になります。烏龍茶やプーアル茶を飲めば、体がよく温まり、脂肪の吸収を抑制する力もあるといわれています。烏龍茶は高級なジャスミンティーの原料になり、ダイエット用としても利用されてきました。ジャスミンティーの芳香についても、ダイエット中の不満を解消するために有効です。